調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~17:30
  • お問い合わせ

コラム

専業主婦/主夫と財産分与

専業主婦/主夫の方が離婚する場合に財産分与でもらえる範囲

 

1 専業主婦/主夫の財産分与の割合

結婚してからずっと専業主婦/主夫として生活を支えてきた場合、離婚にあたっての財産分与はどうなるか心配される方が少なくありません。

専業主婦/主夫であっても、原則として半分の割合で財産分与を受けることができます。

婚姻期間中に形成された財産は、専業主婦/主夫の側の貢献があってこそ形成されたものと考えられるからです。

また、その割合についても、相手が特殊な才能によって高額の収入を得ているような特別の事情が無い限り、50パーセントと判断されます。

 

2 財産の名義は関係ない

一方が専業主婦/主夫の場合、自宅の登記簿上の所有者が相手方一人となっていることがあります。

そのような場合でも、婚姻期間中に取得したものであれば、法的には夫婦の共有財産となりますので、財産分与の対象となります。

どちらかが自宅に住み続ける場合は、基準時(通常は別居時)の実勢価格を調査して財産分与の算定をします。

住宅ローンが残っている場合には、実勢価格からローン残高を差し引いた額が分与対象となります。

 

預貯金についても、名義に関わらず、婚姻期間中のものは財産分与の対象となります。

子ども名義にしている預貯金がある場合もありますが、実態として夫婦のお金であれば、分与の対象となります。

 

生命保険などで解約返戻金がある場合は、基準時(通常は別居時)の解約返戻金相当額が財産分与の対象となります。

 

その他、財産分与としてどのような財産が対象になるのか、金額をどのように評価するかなど、弁護士にご相談いただければ具体的にご説明することが可能です。

 

その他のコラム

養育費の増額/減額の基準

養育費について、その後の事情の変化により増額/減額されるのはどのようなケースか。

詳しく見る

離婚調停の流れ

離婚調停の手続のおおまかな流れについて

詳しく見る

財産分与と退職金

将来の退職金が財産分与の対象になるか

詳しく見る

不倫(浮気)相手への慰謝料の金額について

慰謝料の増額される事情と減額される事情

詳しく見る

婚約不履行による慰謝料請求

婚約が不当に破棄された場合に法的に可能な責任追及について

詳しく見る

離婚調停で弁護士を依頼すべきか

調停離婚に弁護士を依頼するメリット・デメリットとは?

詳しく見る

子の引渡し請求について

子どもの連れ去りなどに対する法的手段

詳しく見る

離婚できるまでの期間

調停・訴訟で結論が出るまでに必要な期間について

詳しく見る

不貞行為の慰謝料請求権の時効

不貞慰謝料の消滅時効の期間や中断について

詳しく見る

モラハラによる離婚

モラハラによる離婚 必要な証拠や慰謝料相場など

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする