調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

夫婦関係円満調整調停について

夫婦関係を円満にするために裁判所の調停が活用できます

 

1 夫婦関係円満調整調停とは

夫婦の問題に関する調停というと、離婚調停を思い浮かべる方が多いかと思います。

しかし、家庭裁判所では、離婚に向けた話合いだけでなく、夫婦間のわだかまりをなくして円満に暮らしていくための話合いの場として、調停を行うことができます。

これを夫婦関係円満調整調停と言います。

 

2 どのような場合に利用できるか

夫婦関係円満調整調停をどのような場合に申し立てることができるかについて、法律上の制限は特にありません。

夫婦間の直接の話合いで解決ができず、今後円満に夫婦関係を継続するための話合いをしたいという場合には、基本的には利用ができます。

例えば、配偶者が不貞をしているため、それをやめさせたい場合や、夫婦間での生活費についてルールを決めたいとか、一方から離婚を求められているが離婚したくないため、今後も円満にやっていくための話合いをしたいというような場合が考えられますが、これらに限られません。

調停をするにあたって、法的な観点も踏まえて話をしたいという場合には、弁護士を代理人として依頼することも可能です。

 

3 調停で決められること

調停では、二人の間で合意ができたことを、調停調書という公的な文書として交付してもらうことができます。

調停のなかで決めることができるのは、二人が合意したことであれば、基本的には制限はありません。

単に夫婦二人の間で約束事を作るよりも、裁判所の発行する書面で文章化されるというのは、一定の重みがあると思います。

離婚調停と異なり、あまり知られていない制度かもしれませんが、ぜひ活用することをお勧めします。

 

その他のコラム

子ども名義の預貯金や学資保険は財産分与の対象になるか

子ども名義のものは全て子どものもの?それとも夫婦共有財産?

詳しく見る

認知の効力や手続き

認知によってどのような効力が生じるか、相手が認知してくれない場合にどのような手続きが可能か

詳しく見る

面会交流について

面会交流を拒否されて子どもに会えない。どうしたらよいか。

詳しく見る

認知を求める方法

相手が認知を拒否する場合、どうしたらよいか

詳しく見る

子の引渡し請求

子どもが連れ去られてしまった場合の法的手段について

詳しく見る

離婚を一方的に求められた場合

離婚に応じたくない、離婚条件が納得できない場合などの対処法

詳しく見る

養育費の増額/減額の基準

養育費について、その後の事情の変化により増額/減額されるのはどのようなケースか。

詳しく見る

離婚後の財産分与

既に離婚をした後に財産分与を求めることができるか

詳しく見る

不貞による慰謝料を請求された場合

不倫の慰謝料請求を受けた場合の対応方法について

詳しく見る

アルコール依存症と離婚

アルコール依存症は離婚原因になるか、離婚する際の注意点など

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする