調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~17:30
  • お問い合わせ

コラム

不貞行為と親権の問題

不貞行為をした者は親権を取れないのか

 

1 親権者の指定で考慮される要素

親権者の指定について夫婦の間で合意ができない場合、家庭裁判所が審判や裁判で判断をすることになります。

裁判所が判断をするにあたっては、事案ごとに様々な事情を総合的に考慮することになりますが、考慮要素としては以下のようなものがあります。

 

・監護の継続性

・子の年齢、意向

・親の生活状況

・監護意欲

・監護補助者(祖父母など)がいる場合はその状況や意向 など

 

2 不貞行為と親権の問題は基本的には無関係

配偶者の一方が不貞行為をしたことが原因で離婚をする場合、親権者の判断に影響はあるでしょうか。

不貞をした相手に親権を渡したくないという方は時々いらっしゃいますが、不貞行為それ自体が親権に不利に働くことは、基本的にはありません。

不貞行為は、あくまで他方配偶者に対する問題行動であり、子の監護とは基本的には別問題だからです。

 

3 不貞行為が親権に影響する場合

ただ、一定の場合には、不貞行為が親権に不利に影響する場合もあります。

たとえば、子どもの監護を放棄して不貞行為に及んでいた場合や、不貞行為を子どもが知っておりそれによって子どもに精神的に負担を生じさせている場合、子どもを置いて不貞相手と出奔してしまった場合などは、親権に不利な判断要素となる可能性が高いと考えられます。

 

その他のコラム

浮気相手の名前や住所が分からない場合の慰謝料請求

不貞相手に慰謝料請求したいけれど住所や氏名が分からない場合

詳しく見る

嫁姑問題と離婚

義母や義父との関係が悪いことを理由に離婚ができるか

詳しく見る

婚姻の無効

婚姻届が提出されたが結婚の意思がなかった場合の法的手続き

詳しく見る

離婚にあたっての健康保険の取扱い

健康保険の切り替え手続きについて

詳しく見る

セックスレスと離婚

セックスレスが離婚原因となるか、慰謝料相場など

詳しく見る

離婚と年金分割について

離婚の際は年金分割の手続きも忘れずに取りましょう。

詳しく見る

離婚裁判について

離婚裁判の手続きと流れ、期間など

詳しく見る

不倫相手に対する慰謝料請求~不倫相手の名前や住所が分からない場合

メールアドレスや電話番号をもとに調査する方法について

詳しく見る

ハーグ条約について

ハーグ条約が適用される事例について解説します。

詳しく見る

男性のための離婚相談

適切な離婚のために、男性にとっても法的知識は必要です

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする