調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

不貞行為と親権の問題

不貞行為をした者は親権を取れないのか

 

1 親権者の指定で考慮される要素

親権者の指定について夫婦の間で合意ができない場合、家庭裁判所が審判や裁判で判断をすることになります。

裁判所が判断をするにあたっては、事案ごとに様々な事情を総合的に考慮することになりますが、考慮要素としては以下のようなものがあります。

 

・監護の継続性

・子の年齢、意向

・親の生活状況

・監護意欲

・監護補助者(祖父母など)がいる場合はその状況や意向 など

 

2 不貞行為と親権の問題は基本的には無関係

配偶者の一方が不貞行為をしたことが原因で離婚をする場合、親権者の判断に影響はあるでしょうか。

不貞をした相手に親権を渡したくないという方は時々いらっしゃいますが、不貞行為それ自体が親権に不利に働くことは、基本的にはありません。

不貞行為は、あくまで他方配偶者に対する問題行動であり、子の監護とは基本的には別問題だからです。

 

3 不貞行為が親権に影響する場合

ただ、一定の場合には、不貞行為が親権に不利に影響する場合もあります。

たとえば、子どもの監護を放棄して不貞行為に及んでいた場合や、不貞行為を子どもが知っておりそれによって子どもに精神的に負担を生じさせている場合、子どもを置いて不貞相手と出奔してしまった場合などは、親権に不利な判断要素となる可能性が高いと考えられます。

 

その他のコラム

離婚と年金分割について

離婚の際は年金分割の手続きも忘れずに取りましょう。

詳しく見る

有責配偶者からの離婚請求

離婚をしたいが自分に離婚原因がある場合に、離婚請求が認められるか

詳しく見る

外国人との離婚

配偶者が外国人の場合の離婚手続について

詳しく見る

子の引渡し請求について

子どもの連れ去りなどに対する法的手段

詳しく見る

セックスレスと離婚

セックスレスが離婚原因となるか、慰謝料相場など

詳しく見る

義父母との関係と離婚

義父母との関係が実際の裁判で問題にされた事例

詳しく見る

夫婦の同居義務

夫婦の同居義務と、同居に応じない場合の手続き

詳しく見る

不貞行為(不倫)の証拠

不貞行為による慰謝料請求をするために必要な証拠

詳しく見る

2種類の離婚方法

離婚調停と離婚訴訟の違い

詳しく見る

離婚訴訟を起こされ被告になった場合

離婚の裁判で必要な対応や弁護士に依頼するメリットなど

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする