調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

財産分与と退職金

将来の退職金が財産分与の対象になるか

 

1 

離婚にあたっては、夫婦共有名義で取得した財産や、一方の名義であっても実質的には夫婦の協力によって形成された財産は、財産分与の対象となります。

退職金についても、既に支払われている場合には、基準時(通常は別居時)に残っている金額が財産分与の対象となります。

 

2 

それでは、まだ退職していない場合、将来支払われる予定の退職金については、財産分与の対象となるのでしょうか。

これについては、退職までまだかなり期間がある場合には、将来の退職金は財産分与の対象とされないことが一般的です。

逆に、近い将来支給される高度の蓋然性がある退職金は、財産分与の対象とされる裁判例が多くあります。

ただし、退職の時期、企業の存続、経営状態などをめぐり不確定要素が多い阿合には、財産分与の対象とされないこともあります。

では、財産分与を行う時点で退職年齢に達しておらず、退職金が支払われていない場合に、退職金の金額をどのように評価することになるのでしょうか。

これについては、別居時に自己都合退職した場合の退職金を想定し、この金額をもって分与対象とすることが多いです。

ただし、婚姻前の労働分に相当する部分については控除することになります。

 

その他のコラム

養育費の増額/減額の基準

養育費について、その後の事情の変化により増額/減額されるのはどのようなケースか。

詳しく見る

離婚を一方的に求められた場合

離婚に応じたくない、離婚条件が納得できない場合などの対処法

詳しく見る

婚姻費用・養育費の新算定表が公表されました

婚姻費用・養育費の金額算定の基準となる表の改定について解説します。

詳しく見る

ダブル不倫の慰謝料請求

不貞行為による慰謝料請求について、ダブル不倫の場合の問題点

詳しく見る

2種類の離婚方法

離婚調停と離婚訴訟の違い

詳しく見る

嫁姑問題と離婚

義母や義父との関係が悪いことを理由に離婚ができるか

詳しく見る

離婚に関する公正証書

離婚にあたって公正証書を作成すべき理由、作成方法について

詳しく見る

行方不明の夫/妻との離婚

夫/妻が行方不明の場合、どうしたら離婚が出来るか

詳しく見る

不貞行為の慰謝料請求を受けてしまった場合

不倫をしてしまい、相手の配偶者から慰謝料請求をされた場合の対処について

詳しく見る

離婚調停で弁護士を依頼すべきか

調停離婚に弁護士を依頼するメリット・デメリットとは?

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする