調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~17:30
  • お問い合わせ

コラム

嫁姑問題と離婚

義母や義父との関係が悪いことを理由に離婚ができるか

 

古くから、いわゆる嫁姑問題は、当事者間では深刻な問題として一般的です。

ときには、それが原因で離婚を考えることもあるかもしれません。

そのように、義母や義父との関係が悪いことは、法的な離婚原因となるでしょうか。

もちろん、当事者間で離婚の合意ができれば問題ありませんが、配偶者が離婚に反対している場合には、裁判上の離婚原因が認められなければなりません。

 

法的に離婚原因として認められるためには、「婚姻を継続し難い重大な事由」が存在すると裁判所が認定する必要があります(民法第770条5号)。

義母や義父との関係が悪いというそのこと自体は、あくまでご本人と義母・義父との問題であり、直接、配偶者との問題に結びつくわけではありません。

ただ、例えば、義母や義父の過干渉や嫌がらせが激しく、これを配偶者も知っているにも関わらず無頓着なままでいるような場合には、夫婦の問題と評価される余地があります。

これによって婚姻関係を継続することが困難だと客観的に評価できる場合には、法的な離婚原因として認められます。

 

その他のコラム

外国人との離婚

配偶者が外国人の場合の離婚手続について

詳しく見る

離婚訴訟を起こされ被告になった場合

離婚の裁判で必要な対応や弁護士に依頼するメリットなど

詳しく見る

離婚を一方的に求められた場合

離婚に応じたくない、離婚条件が納得できない場合などの対処法

詳しく見る

面会交流について

面会交流を拒否されて子どもに会えない。どうしたらよいか。

詳しく見る

親権を取るために準備しておきたいこと

離婚を考え始めたら準備すべきこと

詳しく見る

ダブル不倫の慰謝料請求

不貞行為による慰謝料請求について、ダブル不倫の場合の問題点

詳しく見る

離婚調停で弁護士を依頼すべきか

調停離婚に弁護士を依頼するメリット・デメリットとは?

詳しく見る

面会交流について

面会交流の一般的頻度(回数)や方法、祖父母(義父・義母)との面会について

詳しく見る

婚約不履行による慰謝料請求

婚約が不当に破棄された場合に法的に可能な責任追及について

詳しく見る

認知の効力や手続き

認知によってどのような効力が生じるか、相手が認知してくれない場合にどのような手続きが可能か

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする