コラム

成人年齢の引き下げが離婚に与える影響

令和4年4月1日に施行された改正民法により、成人年齢が18歳に引き下げられました。

これにより、子どもがいる夫婦が離婚する場合にどのような影響があるかを解説します。

 


<親権>

未成年の子どもがいる場合、離婚の際に夫婦のどちらが親権者になるかを決めなければなりません。

従って、これまでは20歳未満の子どもがいる場合は親権の問題がありましたが、今回の民法改正によって、18歳未満の子どもがいる場合のみ親権者を決める必要があることになりました。

 

<養育費>

成人年齢の引き下げにより、養育費の支払終期も18歳になるのでしょうか。

この点、養育費の支払いが必要となるのは「未成熟子」であり、「未成年者」と同義ではありません。

 

平成30年度司法研究(「養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究」では、

「7  成年年齢引下げによる影響(養育費の支払義務の終期等)」の項に、「(3) 養育費の支払義務の終期は未成熟子を脱する時期であって、個別の事案に応じて認定判断される。」としつつ、「未成熟子を脱する時期が特定して認定されない事案につ いては、未成熟子を脱するのは20歳となる時点とされ、その時点が養育費の支払義務の終期と判断されることになると考える。」とされています。

従って、養育費の支払い終期については、法改正によって成人年齢が引き下げられても、これまでと同様に子どもの個別事情によって判断され、通常は、20歳とされます。

 

<面会交流>

親権者とならなかった側の親が子どもと面会交流を行う場合、これまでは、20歳未満の子については基本的に親権者との合意が必要とされてきました。

しかし、法改正により成人年齢が引き下げられたことによって、18歳に達した子との面会交流については、(元)親権者の意向とは関係なく面会交流を行うことができることになります。

ただ、子どもが18歳ともなると、子ども自身の意思で行動をするようになりますので、それまでに子どもとの関係を良好に築いていくことが重要です。

 

 

その他のコラム

適正な財産分与を受けるために

適正な財産分与を受けるための方法。財産隠しをされないための予防策とは?

詳しく見る

不貞行為と親権の問題

不貞行為をした者は親権を取れないのか

詳しく見る

2種類の離婚方法

離婚調停と離婚訴訟の違い

詳しく見る

【講演情報】前向きなスタートを切るための離婚準備

当事務所の弁護士伊藤真樹子が、オンラインサロンbonvoyageにて「前向きなスタートを切るための離婚準備」の講演を行いました

詳しく見る

【講演情報】離婚・相続について

一般社団法人 東京中小企業家同友会 府中調布支部のセミナーでモラハラ・離婚・相続について講演しました

詳しく見る

離婚にかかる弁護士費用とは?

離婚にかかる弁護士費用とは?

詳しく見る

離婚調停で弁護士を依頼すべきか

調停離婚に弁護士を依頼するメリット・デメリットとは?

詳しく見る

退職金の財産分与

離婚の際の財産分与にあたり、退職金がどのように扱われるか

詳しく見る

離婚と年金分割について

離婚の際は年金分割の手続きも忘れずに取りましょう。

詳しく見る

婚約不履行による慰謝料請求

婚約が不当に破棄された場合に法的に可能な責任追及について

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする
お問い合わせ
©仙川総合法律事務所 All Right Reserved.