調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

子ども名義の預貯金や学資保険は財産分与の対象になるか

子ども名義のものは全て子どものもの?それとも夫婦共有財産?

 

1 子ども名義の預金について

まだ子どもが幼少であっても、子ども名義の預貯金口座を作ってお金の管理をしている家庭は少なくありません。

離婚をする際に、そのような子ども名義の預貯金はどのように扱われるのでしょうか。

それは、子ども名義の預貯金が、実質的にみて子ども自身のものと言えるかどうかによって異なります。

例えば、親が毎月の生活費から一定額を子ども名義の預貯金口座に入金して貯めてきたような場合、実質的には夫婦のお金と言えますから、財産分与の対象となる夫婦共有財産にあたります。

児童手当を毎月入金して貯めていた場合も同様です。

反対に、子どもが祖父母から贈与を受けたお金を入金してある口座や、子どもが自らアルバイトをして貯めてきたようなお金は、実質的にも子ども自身のお金と言えますので、財産分与の対象とはなりません。

 

2 学資保険について

通常、学資保険は子どものための教育資金などのために契約するものですので、子どものものという感覚の方も多いかもしれません。

しかし、学資保険の保険料を支払ってきたのが両親であれば、実質的にみて夫婦共有財産となり、財産分与の対象となります。

具体的には、基準時(通常は別居時)における解約返戻金相当額が分与対象となります。

親権者となる側が契約の継続を希望する場合には、基準時の半分を分与したうえで、必要に応じて名義変更の手続きを行い、契約を継続することになります。

 

3 まとめ

以上のとおり、子ども名義の財産が子どものものなのか、夫婦共有財産になるのかは、名義で見るのではなく、実態で判断することになります。

したがって、一つの子ども名義の預金口座のなかに、子ども自身が贈与を受けたお金と、親が積み立ててきたお金が混在している場合には、それらをすみ分けして判断する必要があります。

 

その他のコラム

離婚できるまでの期間

調停・訴訟で結論が出るまでに必要な期間について

詳しく見る

面会交流について

面会交流を拒否されて子どもに会えない。どうしたらよいか。

詳しく見る

離婚後の財産分与

既に離婚をした後に財産分与を求めることができるか

詳しく見る

認知を求める方法

相手が認知を拒否する場合、どうしたらよいか

詳しく見る

離婚と養子縁組の解消

連れ子がいて結婚した相手と離婚する場合の注意点

詳しく見る

離婚にあたっての健康保険の取扱い

健康保険の切り替え手続きについて

詳しく見る

養育費の増額/減額の基準

養育費について、その後の事情の変化により増額/減額されるのはどのようなケースか。

詳しく見る

男性のための離婚相談

適切な離婚のために、男性にとっても法的知識は必要です

詳しく見る

離婚と弁護士

離婚にあたって弁護士を依頼する意味、弁護士の選び方

詳しく見る

ハーグ条約について

ハーグ条約が適用される事例について解説します。

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする