調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

離婚訴訟を起こされ被告になった場合

離婚の裁判で必要な対応や弁護士に依頼するメリットなど

 

1 離婚が訴訟になる場合

離婚について夫婦間の話合いがまとまらない場合、まずは離婚調停が行われることになります。

離婚調停は、裁判所の手続きではありますが、あくまで話合いの場ですので、ここでも話合いがまとまらなければ調停は不調となり、終了してしまいます。

そうすると、相手があくまで離婚を望む場合には、家庭裁判所に離婚訴訟を提起することになります。

 

2 離婚訴訟で必要な対応

離婚訴訟は、調停と異なり、双方が合意するかどうかに関わらず、裁判所が証拠に基づき法定離婚事由の有無を判断し、それがあると認める場合には判決で離婚を命じることになります。

従って、離婚訴訟を起こされ被告となった場合、きちんと対応をしなければ、原告の主張がそのまま認められ、離婚や慰謝料、財産分与、養育費などについて不利な判決が出されてしまう可能性があります。

それでは、離婚訴訟ではどのような対応が必要なのでしょうか。

訴訟では、原告と被告それぞれが主張と証拠を出し合い、原告が主張する事実があったか、被告の反論が正しいかなどが審理されますので、そのための書類や証拠を準備しなければなりません。

また、双方の主張が尽きると、「本人尋問」が行われますので、その準備も必要です。

 

3 弁護士を依頼するメリット

上記の通り、訴訟においては、相手の主張に対する反論や自分の主張を行ったうえで、その主張を裏付ける証拠も提出する必要があります。

弁護士に依頼した場合、このような主張を、事実の面と法的な面それぞれについて適格に行い、さらに証拠の選別や提出するタイミング(証拠によっては、相手と自分の主張との兼ね合いで、出すべきタイミングが極めて重要な場合もあります。)を図り、戦略的に訴訟を進めていくことが出来ます。

また、訴訟においては、一般的に、その過程で、改めて話合いでの解決(和解)を試みることがあります。

そのような場合にも、弁護士が代理人となっている場合は、和解をせずに判決になった場合の見通しも踏まえて、有利な和解の条件を模索し、交渉することが可能です。

このように、訴訟は調停と異なり、専門的な知識や技術が求められることになります。

また、訴訟が進行してしまうと、取れる手段が限られてきてしまうこともありますので、早い段階で弁護士を依頼することをお勧めします。

その他のコラム

夫婦の同居義務

夫婦の同居義務と、同居に応じない場合の手続き

詳しく見る

財産分与と退職金

将来の退職金が財産分与の対象になるか

詳しく見る

嫁姑問題と離婚

義母や義父との関係が悪いことを理由に離婚ができるか

詳しく見る

不貞行為の慰謝料請求を受けてしまった場合

不倫をしてしまい、相手の配偶者から慰謝料請求をされた場合の対処について

詳しく見る

不貞行為の慰謝料請求権の時効

不貞慰謝料の消滅時効の期間や中断について

詳しく見る

不貞行為と親権の問題

不貞行為をした者は親権を取れないのか

詳しく見る

アルコール依存症と離婚

アルコール依存症は離婚原因になるか、離婚する際の注意点など

詳しく見る

不倫(浮気)相手への慰謝料の金額について

慰謝料の増額される事情と減額される事情

詳しく見る

男性のための離婚相談

適切な離婚のために、男性にとっても法的知識は必要です

詳しく見る

婚約不履行による慰謝料請求

婚約が不当に破棄された場合に法的に可能な責任追及について

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする