調布・三鷹・狛江で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

解決事例

夫の不倫が発覚し、夫と不貞相手の双方から慰謝料を獲得した事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料

30代

相談前

夫の不倫が発覚して既に離婚届は提出した。不貞による慰謝料を請求したいがどのようにしたらよいか。

相談後

夫と不貞相手の女性を共同被告として慰謝料請求の訴訟を速やかに提起した。訴訟のなかで、不貞相手の女性は、「結婚関係はもう終わっていると聞いていたので不法行為にあたらない。」と主張したのに対し、そのような事実はないことを立証し、適切な慰謝料を獲得した。

弁護士からのコメント

不貞行為についての慰謝料請求をする場合、相手方から上記のような主張がなされることは少なくありません。それに対しては、そのような事実がないことを、間接的な事実などでこちらが立証していく必要があります。また、慰謝料の金額についても、適正な金額を獲得するためには、不貞行為としての悪質性が高いことや、精神的苦痛がいかに大きかったかなどを詳細に主張する必要があります。当事務所の弁護士にご依頼いただければ、そのような主張・立証について、戦略的に適切に行っていくことが出来ます。

その他の解決事例

  • モラハラ
  • 慰謝料

長年にわたる暴言やモラハラについて慰謝料を支払わせたうえで離婚を成立させた事案

離婚をしたいが夫が同意してくれない。今まで夫からは暴言を吐かれたり、ひどい対応を長年にわたって受けてきたが、なんとか離婚できないか。また、離婚するにあたっては、慰謝料を請求したい。それまで受けてきた暴言などの対応は、モラハラにあたると主張し、離婚調停を申し立てた。モラハラの事実について、本人の日記やメモなどを整理して証拠として提出し立証することで、適正な慰謝・・・

詳しく見る
  • 財産分与

財産分与について、適切な財産調査を行ったうえで、2分の1を獲得した事案

結婚中の財産管理は全て夫に任せていたため、預貯金など全く分からない。自宅についても夫の単独名義となっていて、夫は自分のものだと思っている。離婚後の生活のためにもきちんと財産分与をしてもらいたいが、どうしたらよいか。預貯金について、分かっていた手掛かりをもとに弁護士が調査を行った結果、その内容が判明した。また、自宅についても、法的に夫婦共有財産であることを主張・・・

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする