調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

DVと離婚

DVを原因とする離婚請求について、証拠の種類や慰謝料相場など

 

1 深刻なDV被害

配偶者からの暴力であるDV(ドメスティックバイオレンス)について、最近では、被害者の保護が強化され、法的な離婚原因としても広く認められるよういになりました。

また、一般的には夫から妻に対するDVが広く認知されていますが、妻から夫へのDVも事実として存在します。

配偶者からの暴力は、男であれ女であれ、身体的な被害だけでなく、心の傷として深刻な被害が生じます。

しかも、DVは、一度きりで治まらず長期的に繰り返される傾向があります。

自分が我慢すればいいなどと思わず、早期に専門家へ相談しましょう。

 

2 まずは身の安全を確保する

配偶者から暴力を受け、身の危険を感じたら、とにかく身の安全を確保することが優先です。

ためらわずに警察や配偶者暴力相談支援センター、女性センターなどに相談に行きましょう。

相手から離れるために別居することも有効です。

暴力の程度がひどい場合には、DVシェルターでの保護を受けられることもあります。

 

3 DVを原因とする離婚

DVは重大な違法行為であり、DVがありながら婚姻関係を継続することは到底できません。

従って、DVは、法定離婚原因である「婚姻を継続し難い重大な事由」にあたり、相手方が離婚を拒否したとしても裁判所の判決によって離婚が認められます。

 

4 DVの証拠

相手が離婚に応じず、調停や訴訟になった場合、相手がDVの事実を否定することは現実に少なくありません。

そのような場合、DVの事実が証拠として残っているかどうかが極めて重要になります。

DVの証拠としては以下のようなものがあります。

 ◆行政などの相談センターへの相談記録

 ◆DVで負傷した際の医師の診断書、カルテ

 ◆DVで負傷した部位の写真

 ◆DVを受けたことについて、具体的な記載をした日記やメモ

 

5 DVの慰謝料相場

信頼していたパートナーからのDVは、大きな精神的苦痛を生じます。

DVが原因で離婚する場合は、慰謝料請求が可能です。

金額については、DVの具体的内容や頻度、怪我をした場合はその程度など、様々な事情が総合的に考慮されて決められます。

一般的な相場としては、100万円から300万円程度です。

その他のコラム

嫁姑問題と離婚

義母や義父との関係が悪いことを理由に離婚ができるか

詳しく見る

離婚相談の準備

弁護士に離婚の相談をする場合に準備しておくとよいこと

詳しく見る

夫婦の同居義務

夫婦の同居義務と、同居に応じない場合の手続き

詳しく見る

離婚調停の流れ

離婚調停の手続のおおまかな流れについて

詳しく見る

ダブル不倫の慰謝料請求

不貞行為による慰謝料請求について、ダブル不倫の場合の問題点

詳しく見る

男性のための離婚相談

適切な離婚のために、男性にとっても法的知識は必要です

詳しく見る

離婚と弁護士

離婚にあたって弁護士を依頼する意味、弁護士の選び方

詳しく見る

離婚を一方的に求められた場合

離婚に応じたくない、離婚条件が納得できない場合などの対処法

詳しく見る

親権者の適格性

専業主婦(主夫)は親権者になれるのか?

詳しく見る

離婚に関する公正証書

離婚にあたって公正証書を作成すべき理由、作成方法について

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする