調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~17:30
  • お問い合わせ

コラム

面会交流について

面会交流の一般的頻度(回数)や方法、祖父母(義父・義母)との面会について

 

1 面会交流とは

面会交流とは、父または母と離れて暮らす子とが直接の面会をしたり、その他の交流をしたりすることを言います。

その法的性質についてはいくつかの見解に分かれていますが、親あるいは子の権利とされています。

 

2 面会交流の決め方

面会交流については、民法766条1項で、離婚の際に、父母が協議のうえで定めることとされています。

従って、まずは父母の間で、離婚後どのように面会交流を行っていくかを話し合うことになります。

話合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立て、調停でも話がまとまらない場合は、家庭裁判所が審判を出して決めることになります。

 

3 面会交流の頻度や方法

上記のとおり、面会交流についてはまずは当事者間の話合いによることになりますので、当事者が納得できるかたちであれば、その頻度や方法について法律は規制していません。

話合いで決まらず、調停や審判になる場合には、頻度としては1か月から2か月に1回程度の回数とされることが多いです。

方法については、半日程度、公園や子ども用の施設などで時間を過ごすことが一般的でしょう。

 

4 祖父母(義父・義母)との面会

父あるいは母との面会のほかに、祖父母(父・母にとっての婚姻中の義父・義母)との面会を求められることがあります。

これについても、当事者間で会わせることを合意するのであれば、法律上何も問題ありません。

何らかの事情で会わせたくないような場合はどうでしょうか。

法律上、面会交流はあくまで親に関するものであって、祖父母については、面会交流の実施を求める権利はなく、これについて協議を求める立場にもなり得ないとされています。

従って、祖父母が孫と面会を求めて調停や審判を起こすことは認められないことになります。

 

その他のコラム

離婚にあたっての健康保険の取扱い

健康保険の切り替え手続きについて

詳しく見る

婚姻の無効

婚姻届が提出されたが結婚の意思がなかった場合の法的手続き

詳しく見る

離婚を一方的に求められた場合

離婚に応じたくない、離婚条件が納得できない場合などの対処法

詳しく見る

退職金の財産分与

離婚の際の財産分与にあたり、退職金がどのように扱われるか

詳しく見る

子の引渡し請求

子どもが連れ去られてしまった場合の法的手段について

詳しく見る

離婚調停中の方へ

離婚調停が思うように進まず、途中から弁護士を依頼する場合のメリットとデメリット

詳しく見る

子ども名義の預貯金や学資保険は財産分与の対象になるか

子ども名義のものは全て子どものもの?それとも夫婦共有財産?

詳しく見る

男性のための離婚相談

適切な離婚のために、男性にとっても法的知識は必要です

詳しく見る

離婚調停で弁護士を依頼すべきか

調停離婚に弁護士を依頼するメリット・デメリットとは?

詳しく見る

ダブル不倫の慰謝料請求

不貞行為による慰謝料請求について、ダブル不倫の場合の問題点

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする