調布・三鷹・狛江で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

離婚裁判について

離婚裁判の手続きと流れ、期間など

 

1 訴訟の提起と必要書類

離婚訴訟を起こすにあたっては、まずは家庭裁判所に「訴状」を提出しなければなりません。

訴状とは、裁判を起こす人が、自分の言い分(主張)をまとめた書面のことです。

訴状を提出する裁判所は、夫婦どちらかの住所地を管轄する家庭裁判所です。

訴状を提出する際には、次の書類も一緒に提出する必要があります。

・離婚調停不成立調書

・夫婦の戸籍謄本

・証拠書類

・年金分割を求める場合には、年金分割のための情報通知書

・収入印紙

・郵便切手

 

2 訴訟の進行

裁判所に訴状を提出した後、第1回口頭弁論の日時が決まります。

この日時が決まった後、裁判所から被告(訴訟を起こされた人)に対して、訴状等が送付されます。

これを受けて、被告は、第1回口頭弁論期日の前に、答弁書という書面を提出し、訴状の内容を認めるか否かなどを主張しなければなりません。

第1回口頭弁論の後は、一か月に1回程度のペースで期日が入り、手続きが進められます。

原告と被告それぞれが主張と証拠を出し合い、審理されます。

そして、双方が主張と立証を尽くし、一通りの審理が終わった後、裁判官が、原告が主張する離婚原因が存在するか否かを判断し、判決が下されます。

 

3 判決後の流れ

判決が出された後、判決に不服がある場合は、2週間以内に高等裁判所に控訴することが出来ます。

控訴がなく判決が確定した場合は、10日以内に離婚届と判決書謄本、確定証明書を役所に提出すると、手続きが完了します。

その他のコラム

適正な財産分与を受けるために

適正な財産分与を受けるための方法。財産隠しをされないための予防策とは?

詳しく見る

離婚できるまでの期間

調停・訴訟で結論が出るまでに必要な期間について

詳しく見る

男性のための離婚相談

適切な離婚のために、男性にとっても法的知識は必要です

詳しく見る

不貞行為の慰謝料請求を受けてしまった場合

不倫をしてしまい、相手の配偶者から慰謝料請求をされた場合の対処について

詳しく見る

面会交流について

面会交流を拒否されて子どもに会えない。どうしたらよいか。

詳しく見る

離婚調停で弁護士を依頼すべきか

調停離婚に弁護士を依頼するメリット・デメリットとは?

詳しく見る

不貞相手への慰謝料請求

不貞相手へ慰謝料請求するために必要な証拠など

詳しく見る

離婚調停の流れ

離婚調停の手続のおおまかな流れについて

詳しく見る

義父母との関係と離婚

義父母との関係が実際の裁判で問題にされた事例

詳しく見る

離婚調停中の方へ

離婚調停が思うように進まず、途中から弁護士を依頼する場合のメリットとデメリット

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする