調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

離婚後の財産分与

既に離婚をした後に財産分与を求めることができるか

 

1 

協議離婚をした際には、特に夫婦の財産をどうするかについて話合いをせず、とにかく離婚の合意だけをして届出をしてしまった場合、その後に財産分与の請求をすることができるでしょうか。

法律上、財産分与の請求は、離婚後2年を経過するまでは、権利として存続します。

従って、この間は財産分与の請求が可能です。

 

2 

とは言え、離婚が成立してしまうと、その後に財産分与を求めてもなかなか話合いに応じてもらえないことも少なくありません。

そのような場合、家庭裁判所に、財産分与の調停あるいは審判を申し立てることができます。

調停は、財産分与について相手方と協議を行い、協議がまとまればその内容について調停調書が作成されます。

協議がまとまらない場合は、審判によって、裁判所に判断をしてもらうことになります。

 

3 

一般的には、財産分与について、既に離婚が成立してしまっていると、相手はなかなか話合いに応じようとしないことがありますので、出来る限り離婚の際に合わせて財産分与についても合意をしておくことをお勧めします。

ただし、事情によっては、とにかく籍を抜くことを優先させるべきケースもありますので、判断にお困りの際には、事前に弁護士に相談しておくと安心です。

 

その他のコラム

適正な財産分与を受けるために

適正な財産分与を受けるための方法。財産隠しをされないための予防策とは?

詳しく見る

離婚調停中の方へ

離婚調停が思うように進まず、途中から弁護士を依頼する場合のメリットとデメリット

詳しく見る

ハーグ条約について

ハーグ条約が適用される事例について解説します。

詳しく見る

離婚調停で弁護士を依頼すべきか

調停離婚に弁護士を依頼するメリット・デメリットとは?

詳しく見る

離婚訴訟を起こされ被告になった場合

離婚の裁判で必要な対応や弁護士に依頼するメリットなど

詳しく見る

認知の効力や手続き

認知によってどのような効力が生じるか、相手が認知してくれない場合にどのような手続きが可能か

詳しく見る

婚姻費用・養育費の新算定表が公表されました

婚姻費用・養育費の金額算定の基準となる表の改定について解説します。

詳しく見る

親権者の変更について

親権者変更の手続きと判断基準について

詳しく見る

2種類の離婚方法

離婚調停と離婚訴訟の違い

詳しく見る

不倫相手に対する慰謝料請求~不倫相手の名前や住所が分からない場合

メールアドレスや電話番号をもとに調査する方法について

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする