コラム

離婚と養子縁組の解消

連れ子がいて結婚した相手と離婚する場合の注意点

 

1 結婚と養子縁組

連れ子がいて結婚をする場合、その子と結婚相手との間で養子縁組をするかどうかは法律上全くの自由ですが、まだ子どもが小さい場合には養子縁組をするケースが多いかと思います。

なぜなら、結婚したとしても、相手の連れ子と当然に親子関係が生じるわけではなく、養子縁組をしなければ他人のままです。

そうすると、実際には親子としての生活実態があっても、親権者として様々な手続きができなかったり、現実的な不都合が少なくありません。

また、相続についても、養子縁組をしていないと、親子として法定相続人になることができません。

 

2 離婚と養子縁組

連れ子と養子縁組をした相手と離婚をする場合、離婚をしても当然に養子縁組が解消されるわけではありませんので注意が必要です。

離婚と共に親子関係についても精算をしたい場合には、必ず、離縁の手続が必要となります。

離縁は、双方の合意によってすることができますので、離婚と合わせて協議をして手続きをしたほうがよいです。

離婚をした後でも離縁の手続きを取ることは可能ですが、既に離婚をしてしまっているとなかなかスムーズに話合いが進まないこともありますので、出来る限り離婚と同時に話合いをして解決しましょう。

 

3 離縁の調停、裁判

離縁について話合いがつかない場合には、家庭裁判所に離縁の調停を申し立てることになります。

調停でも合意ができない場合は、離縁を求める訴訟を起こさなければなりません。

訴訟で離縁が認められるためには、

① 他の一方から悪意で遺棄されたとき、

② 他の一方の生死が3年以上明らかでないとき、

③ その他縁組を継続し難い重大な事由がある、

といういずれかの要件を満たさなければなりません。

 

その他のコラム

セックスレスと離婚

セックスレスが離婚原因となるか、慰謝料相場など

詳しく見る

婚姻費用・養育費の新算定表が公表されました

婚姻費用・養育費の金額算定の基準となる表の改定について解説します。

詳しく見る

【講演情報】前向きなスタートを切るための離婚準備

当事務所の弁護士伊藤真樹子が、オンラインサロンbonvoyageにて「前向きなスタートを切るための離婚準備」の講演を行いました

詳しく見る

離婚と弁護士

離婚にあたって弁護士を依頼する意味、弁護士の選び方

詳しく見る

適正な財産分与を受けるために

適正な財産分与を受けるための方法。財産隠しをされないための予防策とは?

詳しく見る

養育費の増額/減額の基準

養育費について、その後の事情の変化により増額/減額されるのはどのようなケースか。

詳しく見る

不倫相手に対する慰謝料請求~不倫相手の名前や住所が分からない場合

メールアドレスや電話番号をもとに調査する方法について

詳しく見る

【講演情報】モラハラについて

一般社団法人 東京中小企業家同友会のセミナーでモラハラ対策について講演しました

詳しく見る

2種類の離婚方法

離婚調停と離婚訴訟の違い

詳しく見る

子ども名義の預貯金や学資保険は財産分与の対象になるか

子ども名義のものは全て子どものもの?それとも夫婦共有財産?

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする
お問い合わせ
©仙川総合法律事務所 All Right Reserved.