調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

認知の効力や手続き

認知によってどのような効力が生じるか、相手が認知してくれない場合にどのような手続きが可能か。

 

1 認知とは

法律上、婚姻関係にある父母の間に生まれた子を「嫡出子(ちゃくしゅつし)」といい、婚姻関係にはない父母の間に生まれた子を「嫡出でない子(非嫡出子)」といいます。

認知とは、嫡出でない子について、法律上の親子関係を認めることをいいます。

 

2 認知の効力

認知があると、法律上の親子関係が生じ、出生のときに遡って親子関係に認められるすべての効果が発生します(民法784条)。

従って、父の子に対する扶養義務が生じますので、養育費を請求することが可能になったり、相続権が発生するなどします。

 

3 認知の手続き

認知は父から任意に認知してもらうのが原則ですが、父が応じてくれない場合、法的手続きを取ることが可能です。

具体的には、まずは認知を求める調停を家庭裁判所に申し立てます。

ただ、調停はあくまで協議の場ですので、相手方がどうしても認知に応じない場合は、審判または裁判によって認知させることになります。

審判や訴訟の審理においては、相手方と子の生物学上の父子関係を立証しなければならず、鑑定の方法により高い確率で不知関係の存否が判明します。

鑑定方法としては、血液による鑑定などもありますが、最近ではDNAによる親子関係が主流です。

DNA鑑定は、100パーセントに近い確率で父子関係の存否が判明し、費用も以前に比べ安価になってきています(10万円程度の場合が多いようです。)。

 

4 期間の制限

認知の訴えを起こすにあたって、父が生存中であれば、期間の制限はありません。

子の出生後何年経過していても、訴えを提起することができます。

父が死亡して以降のいわゆる死後認知では、父の死亡の日から3年を経過した後は認知の訴えを提起することができなくなります(民法787条但書)。

その他のコラム

離婚と年金分割について

離婚の際は年金分割の手続きも忘れずに取りましょう。

詳しく見る

不貞相手への慰謝料請求

不貞相手へ慰謝料請求するために必要な証拠など

詳しく見る

親権を取るために準備しておきたいこと

離婚を考え始めたら準備すべきこと

詳しく見る

子の引渡し請求について

子どもの連れ去りなどに対する法的手段

詳しく見る

義母・義父の過干渉などによる離婚

義父母との不仲や過干渉によって離婚が認められる場合について

詳しく見る

財産分与と退職金

将来の退職金が財産分与の対象になるか

詳しく見る

認知を求める方法

相手が認知を拒否する場合、どうしたらよいか

詳しく見る

ハーグ条約について

ハーグ条約が適用される事例について解説します。

詳しく見る

適正な財産分与を受けるために

適正な財産分与を受けるための方法。財産隠しをされないための予防策とは?

詳しく見る

不貞問題

配偶者が不倫や浮気をしていることが発覚し、どうしたらそれをやめさせることが出来るか。法的観点から予防策とは?

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする