調布・三鷹・狛江で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

義父母との関係と離婚

義父母との関係が実際の裁判で問題にされた事例

 

1 はじめに

前回のコラムでは、義父母との不仲や過干渉が離婚原因になる場合があり得ることを説明しました。

今回は、実際に両親との関係が離婚原因として主張された裁判例をいくつか紹介します。

 

2 実際の裁判例

(1) 妻と夫の両親との不仲につき、妻がどんなに努力しても、夫が従前の無関心な態度を改め、積極的に家庭内の円満を取り戻すよう努力しない限り、家庭内の融和を取り戻し、これを維持することは不可能である状態になっており、それにも関わらず夫がそのような努力をする態度が見られず、婚姻関係を維持する意思すらないとして、妻の離婚請求を認容した事案(名古屋地岡崎支判昭43.1.29)。

 

(2) 実質上婿入りした夫が、妻の両親の平素の言動、評価は極めて当を得ていないものであり、妻の両親との軋轢に対しての認識の程度、その態度は妻として条規に欠けていた状態で、夫が妻との婚姻継続意思を喪失し別居し、その後4年を経て他の女性と同居した事例で、夫の離婚請求を認容(山形地判昭45.11.10)。

 

(3) 婚姻生活は結婚当初の短期間を除いて言い争いが多く、時には激しい対立があったが、この主原因は母に絶対服従する妻の態度に対する夫の不満との衝突という外在的要因によると認定。

しかし、妻は反省して婚姻継続を希望していた。これに対し、夫は、円満な夫婦関係の実現にさしたる努力もしないで妻を非難、嫌悪するに走りすぎており、有責性も高いとして夫の離婚請求を棄却した事案(東京高判昭56.12.17)。

 

(4) 同居している夫の姉の節度のない男性との交際が原因で、夫婦仲まで険悪となり、約7年間別居生活が続いていた。

もともと夫婦間に固有の紛争があったわけではなく、夫において姉と別居するなどして良好な婚姻関係を取り戻し得る可能性があり、またそのような決意もしているとして、妻からの離婚請求を棄却した事案(東京高判昭60.12.24)。

 

3 まとめ

以上ご紹介したように、実際の裁判例では、義父母との不仲などがどのような状態であるかを詳細に検討し、さらに周辺事実をも加味したうえで離婚原因があるか否かを総合的に判断しています。

 

その他のコラム

DVと離婚

DVを原因とする離婚請求について、証拠の種類や慰謝料相場など

詳しく見る

離婚調停中の方へ

離婚調停が思うように進まず、途中から弁護士を依頼する場合のメリットとデメリット

詳しく見る

行方不明の夫/妻との離婚

夫/妻が行方不明の場合、どうしたら離婚が出来るか

詳しく見る

2種類の離婚方法

離婚調停と離婚訴訟の違い

詳しく見る

親権者の適格性

専業主婦(主夫)は親権者になれるのか?

詳しく見る

セックスレスと離婚

セックスレスが離婚原因となるか、慰謝料相場など

詳しく見る

不貞問題

配偶者が不倫や浮気をしていることが発覚し、どうしたらそれをやめさせることが出来るか。法的観点から予防策とは?

詳しく見る

男性のための離婚相談

適切な離婚のために、男性にとっても法的知識は必要です

詳しく見る

離婚したくない場合

相手から離婚を要求されているが離婚したくない、どう対応したらよいか

詳しく見る

離婚調停の流れ

離婚調停の手続のおおまかな流れについて

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする