調布・三鷹・狛江で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

男性のための離婚相談

適切な離婚のために、男性にとっても法的知識は必要です。

 

1 男性が被害者であることもあります

離婚相談と言うと女性の相談者が多いイメージがありますが、実際には男性からの離婚相談も数多くあります。

離婚の原因が明確に妻側にあったり、男性が被害者の立場に立たされているような場合、あるいは妻との離婚の話合いで妻の要求が過大・不当である場合などにおいて、男性が弁護士の力を借りて適切な解決を目指すことは何らおかしなことではありません。

 

2 親権問題~妻が子どもを連れて勝手に出て行ってしまった。離婚するなら親権を取りたい。

確かに一般的には、親権について、特に子どもの年齢が低い場合には、妻が有利である場合が多いと言えます。

しかしこれはあくまで一般論であり、実際の事案では、子どもが幼少のころから夫が中心になって育児をしてきたなどの事情があるケースも、現代社会においては珍しくありません。

男性であっても親権を獲得できる可能性が十分にある場合もありますので、まずはご相談ください。

 

3 妻の不貞~妻の不貞が発覚した。離婚をして、妻と不貞相手の双方に慰謝料請求をしたい。

不貞されたことによる精神的な苦痛は、女性であっても男性であっても変わりません。

そのような場合、妻と不貞相手に対して慰謝料を請求することは法的な権利であり、男性であるからと言ってためらう必要はありません。

 

4 妻からのDV、モラハラ~妻から長年に亘って言葉で罵られ続け、時には暴力を振るわれてきた。離婚して慰謝料を請求したい。

DVと言うと夫から妻に対するものが想像されがちですが、実際には、妻が夫に対し、有形無形の熾烈な暴力を加えてきたという事案もあります。

モラハラについても同様で、妻から夫に対するものも少なくありません。

なかには、それによって精神的な健康を害してしまったような男性もいます。

男性がDVやモラハラ被害を受けたなど裁判所が認定してくれないのではと考えている方もいますが、そんなことはありません。

あくまで、証拠によってDVやモラハラの事実が認定できるか否かの問題であり、男性だからとか女性だからなどと言う理由で裁判所が判断をすることはありません。

 

5 その他

その他にも、離婚にあたっては、女性であれ男性であれ、様々な問題を抱え、思い悩むことは当然のことです。

当事務所では、男性の方の離婚案件も数多くの解決実績がありますので、どうぞご相談ください。

その他のコラム

義母・義父の過干渉などによる離婚

義父母との不仲や過干渉によって離婚が認められる場合について

詳しく見る

離婚訴訟を起こされ被告になった場合

離婚の裁判で必要な対応や弁護士に依頼するメリットなど

詳しく見る

面会交流について

面会交流を拒否されて子どもに会えない。どうしたらよいか。

詳しく見る

親権者の変更について

親権者変更の手続きと判断基準について

詳しく見る

離婚調停中の方へ

離婚調停が思うように進まず、途中から弁護士を依頼する場合のメリットとデメリット

詳しく見る

不貞行為(不倫)の証拠

不貞行為による慰謝料請求をするために必要な証拠

詳しく見る

婚約不履行による慰謝料請求

婚約が不当に破棄された場合に法的に可能な責任追及について

詳しく見る

婚姻費用・養育費の新算定表が公表されました

婚姻費用・養育費の金額算定の基準となる表の改定について解説します。

詳しく見る

モラハラによる離婚

モラハラによる離婚 必要な証拠や慰謝料相場など

詳しく見る

2種類の離婚方法

離婚調停と離婚訴訟の違い

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする