調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

浮気相手の名前や住所が分からない場合の慰謝料請求

不貞相手に慰謝料請求したいけれど住所や氏名が分からない場合

 

1 浮気相手に慰謝料請求するには氏名と住所を把握する必要がある

配偶者の不貞行為が発覚したけれども、本当の名前や住所が分からないというケースは少なくありません。

最近では、配偶者のスマホの内容を見て不貞が発覚するケースが多いですが、スマホの記録だけだと相手の本当の氏名や住所が分からず、配偶者に問い質しても住所までは知らないということもあります。

配偶者が不貞行為をした場合、不貞相手に対し、不法行為に基づく慰謝料請求が可能です。

ただ、慰謝料請求をするにあたっては、相手の氏名と住所を把握する必要があります。

 

2 一定の情報から弁護士が調査できる可能性も

不貞相手の氏名や住所を調べるためにご自分で手を尽くしてみても分からない場合、弁護士に慰謝料請求事件を依頼すれば一定の調査が可能です。

例えば、相手の電話番号やメールアドレスが分かっている場合は、弁護士会照会という制度を弁護士が使うことにより、携帯電話会社から契約者の氏名や住所を開示してもらえることがあります。

この方法は、調査会社に依頼するよりも安価で行うことができます。

ただ、弁護士会照会をするための要件や、どのような情報があれば開示が可能かなど、事情によって異なります。

当事務所では、事件処理にあたって弁護士会照会を利用した調査について多数の経験と実績がありますので、まずはご相談ください。

 

その他のコラム

ハーグ条約について

ハーグ条約が適用される事例について解説します。

詳しく見る

離婚調停中の方へ

離婚調停が思うように進まず、途中から弁護士を依頼する場合のメリットとデメリット

詳しく見る

子の引渡し請求

子どもが連れ去られてしまった場合の法的手段について

詳しく見る

退職金の財産分与

離婚の際の財産分与にあたり、退職金がどのように扱われるか

詳しく見る

適正な財産分与を受けるために

適正な財産分与を受けるための方法。財産隠しをされないための予防策とは?

詳しく見る

夫婦関係円満調整調停について

夫婦関係を円満にするために裁判所の調停が活用できます

詳しく見る

婚姻費用・養育費の新算定表が公表されました

婚姻費用・養育費の金額算定の基準となる表の改定について解説します。

詳しく見る

離婚と弁護士

離婚にあたって弁護士を依頼する意味、弁護士の選び方

詳しく見る

離婚裁判について

離婚裁判の手続きと流れ、期間など

詳しく見る

面会交流について

面会交流の一般的頻度(回数)や方法、祖父母(義父・義母)との面会について

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする