調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~17:30
  • お問い合わせ

コラム

有責配偶者からの離婚請求

離婚をしたいが自分に離婚原因がある場合に、離婚請求が認められるか。

 

夫婦関係が破綻して回復の見込みがない状態にある場合であっても、離婚を求める当事者の側に破綻の原因がある場合には離婚請求が認められないことがあります。

例えば、自分が不貞・不倫をしたことによって夫婦関係が破綻してしまったときに、不貞をした側の配偶者から離婚請求をするような場合です。

これは、いわゆる「踏んだり蹴ったり判決」と呼ばれる判例で示された法理です。

この判例では、夫が妻を差し置いて愛人をもち、妻との婚姻関係の継続が困難になった場合に、夫からの離婚請求を棄却したものです。

 

その後、昭和62年に判例理論が変更され、有責配偶者からの離婚請求であっても、夫婦の別居が両当事者の年齢及び同居期間との対比において相当の長期間に及び、その間に未成熟の子が存在しない場合には、相手方配偶者が離婚により精神的・社会的・経済的に極めて苛酷な状態に置かれることが著しく社会正義に反するといえるような特段の事情の認められない限り、有責配偶者からの離婚請求であっても認められる余地があるとされました。

さらにその後、未成熟の子の不存在という要件についても、未成熟の子がいたとしても、他の事情を総合考慮し、離婚請求が信義誠実の原則に反しない場合には離婚請求が認められるとした判決が出され、緩和されています。

 

以上のとおり、離婚を求める側に離婚原因がある場合であっても、有責性の程度や別居期間、子どもの有無や経済状況などによって、離婚請求が認められるケースは決して少なくありません。

弁護士にご相談いただければ、裁判になった場合の見通しなどをお伝えすることが可能ですので、まずはご相談ください。

 

その他のコラム

認知を求める方法

相手が認知を拒否する場合、どうしたらよいか

詳しく見る

行方不明の夫/妻との離婚

夫/妻が行方不明の場合、どうしたら離婚が出来るか

詳しく見る

不貞問題

配偶者が不倫や浮気をしていることが発覚し、どうしたらそれをやめさせることが出来るか。法的観点から予防策とは?

詳しく見る

離婚調停の流れ

離婚調停の手続のおおまかな流れについて

詳しく見る

離婚調停で弁護士を依頼すべきか

調停離婚に弁護士を依頼するメリット・デメリットとは?

詳しく見る

ハーグ条約について

ハーグ条約が適用される事例について解説します。

詳しく見る

退職金の財産分与

離婚の際の財産分与にあたり、退職金がどのように扱われるか

詳しく見る

親権者の適格性

専業主婦(主夫)は親権者になれるのか?

詳しく見る

離婚調停中の方へ

離婚調停が思うように進まず、途中から弁護士を依頼する場合のメリットとデメリット

詳しく見る

ダブル不倫の慰謝料請求

不貞行為による慰謝料請求について、ダブル不倫の場合の問題点

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする