コラム

婚姻の無効

婚姻届が提出されたが結婚の意思がなかった場合の法的手続き

 

1 婚姻を無効にするためには裁判所の手続きが必要

自分の知らない間に勝手に婚姻届を出され、戸籍上夫婦となってしまったような場合、戸籍を訂正するためには、婚姻が無効である旨の審判や判決が必要とされています。

民法では、婚姻無効確認の訴えというものが規定されていますが、調停前置主義が取られているため、まずは家庭裁判所に、婚姻無効の調停を申し立てる必要があります。

調停のなかで、相手方と合意ができない場合には、婚姻無効確認の訴えを提起することになります。

 

2 婚姻無効が認められる場合

婚姻が有効に成立するためには、婚姻届けの提出と、婚姻意思が存在することが必要です。

したがって、勝手に婚姻届けが提出された場合には、婚姻意思がなかったことを証明する必要があります。

裁判例では、婚姻届に署名したときには脳内出血のため痴呆様症状等があり、公的書類の認知判断能力が疑われたもの、覚せい剤の影響等によって正常な精神状態にないときに作成された婚姻届出によるものを無効と判断した例があります。

なお、婚姻意思の存否についてどのように考えるかは諸説がありますが、例えば、共同生活を予定せずに子に嫡出性を付与するために便宜的に届出をした事例では、「当事者間に真に社会観念上夫婦であると認められる関係の設定を欲する効果意思」が存しないとして、婚姻意思が否定されました。

 

その他のコラム

有責配偶者からの離婚請求

離婚をしたいが自分に離婚原因がある場合に、離婚請求が認められるか

詳しく見る

子の引渡し請求について

子どもの連れ去りなどに対する法的手段

詳しく見る

離婚と年金分割について

離婚の際は年金分割の手続きも忘れずに取りましょう。

詳しく見る

子の引渡し請求

子どもが連れ去られてしまった場合の法的手段について

詳しく見る

離婚調停中の方へ

離婚調停が思うように進まず、途中から弁護士を依頼する場合のメリットとデメリット

詳しく見る

外国人との離婚

配偶者が外国人の場合の離婚手続について

詳しく見る

離婚を一方的に求められた場合

離婚に応じたくない、離婚条件が納得できない場合などの対処法

詳しく見る

離婚裁判について

離婚裁判の手続きと流れ、期間など

詳しく見る

親権を取るために準備しておきたいこと

離婚を考え始めたら準備すべきこと

詳しく見る

離婚にあたっての健康保険の取扱い

健康保険の切り替え手続きについて

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする
お問い合わせ
©仙川総合法律事務所 All Right Reserved.