調布・府中で離婚・慰謝料・親権問題なら仙川総合法律事務所

  • 0356566380受付時間 平日9:30~19:00
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

コラム

ダブル不倫の慰謝料請求

不貞行為による慰謝料請求について、ダブル不倫の場合の問題点

 

1 不貞相手の配偶者への慰謝料請求はできるか

お互いが既婚者同士で不貞行為がなされるいわゆるダブル不倫の場合、不貞をされた配偶者は不貞相手に慰謝料を請求できますが、さらに不貞相手の配偶者に慰謝料を請求できるのでしょうか。

たとえば、夫が不貞していた場合に、妻が、夫の不貞相手である女性に慰謝料請求をしようと考え、ただその女性には財産がないことが予想されるため、その女性の夫にも慰謝料を払わせたいと考えた場合、法的に請求が認められるでしょうか。

結論として、慰謝料請求はあくまで不貞を行った当事者に対する権利であり、その配偶者に対する請求権は法的には認められません。

日本の法律では、原則として個人が負う債務についてはあくまで当該個人の債務であり、例え家族であっても第三者に対して責任追及することは出来ないのです。

 

2 慰謝料の相殺はできるか

ダブル不倫の場合、双方の配偶者がそれぞれの不貞相手に慰謝料請求ができることになりますが、上記のとおり、あくまでそれぞれの不貞相手自身が負っている債務となるため、これを相殺することはできません。

 

3 慰謝料の相場

不貞行為による慰謝料の金額については、おおよそ100万円から300万円程度が裁判実務で認められる一般的な金額と考えられます。

具体的な金額は、不貞行為の期間、不貞に至った経緯や不貞の回数などを総合的に考慮して判断されます。

 

その他のコラム

認知の効力や手続き

認知によってどのような効力が生じるか、相手が認知してくれない場合にどのような手続きが可能か

詳しく見る

面会交流について

面会交流の一般的頻度(回数)や方法、祖父母(義父・義母)との面会について

詳しく見る

2種類の離婚方法

離婚調停と離婚訴訟の違い

詳しく見る

認知を求める方法

相手が認知を拒否する場合、どうしたらよいか

詳しく見る

離婚調停で弁護士を依頼すべきか

調停離婚に弁護士を依頼するメリット・デメリットとは?

詳しく見る

婚約不履行による慰謝料請求

婚約が不当に破棄された場合に法的に可能な責任追及について

詳しく見る

不貞による慰謝料を請求された場合

不倫の慰謝料請求を受けた場合の対応方法について

詳しく見る

親権者の変更について

親権者変更の手続きと判断基準について

詳しく見る

離婚訴訟を起こされ被告になった場合

離婚の裁判で必要な対応や弁護士に依頼するメリットなど

詳しく見る

離婚裁判について

離婚裁判の手続きと流れ、期間など

詳しく見る

まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

  • 03-5656-6380営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00
  • 24時間受付中 メールで相談予約をする